2015年12月18日

・・・遺産

「遺産」といっても、誰かが亡くなってその相続を行う 「遺産」 ではありません。
最近、何かと耳にする 「世界遺産」 などの 「○○遺産」 についてです。

当初からこの 「世界遺産」 という用語には違和感を感じておりました。

い‐さん【遺産】
1,死後に遺した財産。即ち人が死亡当時に持っていた財産。所有権・債権などの権利のほかに債務も含む。相続財産。
2,比喩的に、前代の人が遺した業績。「文化―」


『広辞苑』 には上記のように記されています。
勿論、「世界遺産」 は2の意味でつかわれている訳ですね。

前日テレビを見ておりましたら 「夜景遺産」 というものを紹介していました。
ググってみると、こんなサイトがあり、事務局があるのですね。
「日本夜景遺産」 http://www.yakei-isan.jp/

素晴らしい自然や文化財、そして美しい夜景を観光資源として活用する、そこには ”あまり” 異論がないのですが、どうしても 「遺産」 という表現が気になる、というより個人的には気に入らないのです。

なにか 「遺産」 とつけられた時点でその場所なり風景は死滅して時間を停められてしまったような気がするからでしょうか。

「夜景遺産」 のニュースを見てそれほど時間が経たない中、こんなサイトの紹介も別件で頂きました。
代々木競技場・神宮の森世界遺産登録推進準備委員会

 代々木競技場は20世紀の最も美しい建築のひとつです。いまから約50年前、建築家・丹下健三によって設計された吊り構造のスタジアムは、内部空間はプレーヤーと観衆とが一体になり、外観は代々木という歴史ある風致地区に違和感なく溶け込む名建築として知られています。
明治神宮の森は、荒地につくられた人工の森が、約100年を経て多様な生物が共存する豊かな森へと成長した世界的にも稀有な例です。この植栽は、植生遷移の考え方をもとに本多静六博士らが100年先を見通して計画し、後世に残されたものです。
 先人たちによって残されたこうした建築・環境は、東京の真ん中にありながら、のびやかで晴れ晴れとした都市景観を育み、人々の憩いの場としてずっと愛されています。私たちは、代々木競技場および明治神宮の森一帯は世界遺産に登録してもらうべきだと考えています。
 しかし、こうした世界遺産となるべき都市景観を、ないがしろにするような建設計画が2016年6月に着工されます。渋谷区および三井不動産グループによる渋谷区庁舎建替え計画ですが、現在5階建ての旧庁舎、4階建ての公会堂を解体し、15階建ての新庁舎、6階建ての公会堂、そして公園側に39階建て・高さ約143mもの高層マンションが建設される予定です。
 代々木競技場第二体育館前の広場からわずか百数十mの位置に、こうした中高層建物がそびえ立てば、代々木一帯の都市景観を破壊し、公園通りを行き交う人々にも著しい圧迫感を与えます。歴史的建造物の眺望景観を保全するために、パリやロンドンのように一帯に厳格な高さ規制等を行うのが基本です。ちなみにケルン大聖堂は世界遺産ですが、対岸に高さ100m超の高層ビル建設計画のために、登録抹消の危機にさらされました。
 先人たちが100年の計で残してきた世界遺産にもふさわしい都市景観を、一部の人々の利益のために破壊してしまうのは、先人たちにも将来の世代にも申し訳ないと思います。ぜひ区庁舎建替え計画を見直して下さい。


キャンペーンの主旨には大いに賛同するところですし、代々木の森を守るために 「世界遺産」 に認定されることは非常に効果が大きいことも十分に理解した上で、この運動には賛同しかねるという自分がいます。
やはり 「遺産」 が直感的に引っかかるのでしょうね。

世界遺産は world heritage を訳した言葉ですが、
heritage
1,((文語)) (生まれながらに)受け継いだもの,親譲りのもの;継承物,遺産(◆特に,環境保護運動の中では,後世に伝えるべき自然環境・古代遺跡などを指す);伝承,伝統;天性,運命.
2,((文語)) 生まれながらの権利(birthright)
3,((文語)) 〔法律〕(1)相続された[され得る]もの.(2)世襲財産,相続財産,(特に)世襲の地所.

とありますから、「遺産」 としてしまった時に受ける日本語の語彙とはちょっと違うかもしれません。


かつて、著名な歴史学者 A・トインビー が伊勢の神宮を参拝した際に、「パルテノン神殿と並ぶ素晴らしさ」 と称賛し、その場にいた多くの日本人が高名な学者のこの言葉に日本文化を誇らしく思ったそうです。
しかしこのトインビーの賞賛に異を唱えたのが、我が母校の元学長先生。
「パルテノン神殿は既に遺跡となってしまっているが、伊勢の神宮は現代においても日々祭祀が営まれている。一緒にして欲しくない。」 と反論されたそうです。
多分、私の中には、この話が強く残っているのでしょう。  

2015年12月17日

誤った参拝作法

ここ数年、神社仏閣に対する関心が高くなっているのか、神社参拝寺院参詣の手順等について記した出版やテレビなどの特集を盛んに目にします。
それ自体はとても良いことではありますが、時折「えっ?」と思うような説明もあり苦笑してしまいます。
そして中には「それは絶対に間違っている」という説明もあったりすのですが・・・。


最近、twitter でこんなつぶやきが話題になったそうです。

@nemuribi
「正月前にこれだけは言わせて…!毎年変なガイドさんが言ってらっしゃるけど、投げた御賽銭が注連縄に刺さると良いとか賽銭箱の前の神職まで届けば願いが叶うとか、ないです!御賽銭は賽銭箱へ。当たると涙出るレベルで痛いです。特に、烏帽子に当てると良いって言った奴、お前だけは許さん。」

「そんな馬鹿な!?」と思われた方もあるかもしれませんが、これって冗談ではないんです。
私も学生時代、神務実習先の神社でこの手の注意を受けました。
お正月はお賽銭がとても多いので、特に元日は日中にも何度か集纏しに行くのですが、その際に 「決して参拝者の方を向いて集めてはいけない」 と担当神職より注意がありました。
その理由がまさにこれで、「お賽銭が神職めがけて飛んでくるから気を付けて欲しい。特に眼鏡を掛けている人は、万が一の場合大変危険だから外すように。」 とのことでした。

誰が言い始めたのか知りませんが、とんでもない話です。

そもそも神様は清浄を好むとされておりますが、血というのも穢れの1つとされています。
平安時代の法律書の1種ともいえる 『延喜式』 の中には、忌詞(いみことば)というのが記されています。
神前で口にするのも憚られる言葉を、別の表現に言い換える訳ですが、その中に ”血” が入っており ”汗” と言い換えたようです。
神職に賽銭をあてて流血にでもなろうことなら、「良い」どころか「非常に悪い」ことです。

http://news.livedoor.com/article/detail/10961045/
神職に御賽銭ぶつけさせるガイドに涙の訴え「お前だけは許さん」
2015年12月16日 16時9分 トピックニュース
11日、あるTwitterユーザーが、神社に来る一部ガイドの間違った説明について怒りを露わにし、話題を集めている。
プロフィールで「神職」に就いていると書いているこのユーザーは、「正月前にこれだけは言わせて…!」と、初詣の参拝客に呼びかけた。参拝客を連れてくるガイドのうち、「賽銭(さいせん)が注連縄(しめなわ)に刺さると良い」「賽銭箱の神職の前まで届くと願いが叶う」と説明する人物がいるが、それは間違いだと断言。改めて、「賽銭は賽銭箱へ」と案内した。そして、投げられた賽銭が「当たると涙が出る」ほど痛いと被害を訴えた。
このユーザーは、ガイドの中でも特に「烏帽子(えぼし)に当てると良い」と言っていた人物だけは「許さん」と怒りを露わにしている。烏帽子とは、神職がかぶっている袋のような帽子のことだ。
このツイートは、16日16時00分の時点で1万6000人以上にリツイートされ、4600件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。


そして、同様に注連縄や鳥居、社殿などに賽銭を埋め込むような行為も困ります。
あとは、ここでは触れられていませんが、「鳥居の笠木や抜き(いわゆる鳥居の横木)に石を投げて乗ると願い事が叶う」 などというのも俗説です。(中にはそういう信仰のある場所もあるかもしれませんが、基本的には誤りです)

http://togetter.com/li/913177
お賽銭問題、何度かニュースにもなっているのでいい加減「物を壊す・人を怪我させる」可能性のある行為について「して・させてはならない」との認識が広まって欲しいなと思う次第。写真は厳島神社の鳥居。小銭を差し込まれたところから柱が傷みます。


もう半月もすると新年です。
多くの方が初詣に行かれると思いますが、くれぐれもこれらの行為をすることの無いようにお願い致します。  

2015年12月02日

小学生がバスの降車ボタンをイタズラで押し続けたら犯罪になるのか?

ちょっと長いタイトルになりましたw

先日、当社の巫女がこんな話をしてきました。

バスに乗ったら、おばあちゃんの膝に座っている子供がいた。その横には子供の母親らしき人も立っていた。
その子供がバスの降車ボタンを押したが、その家族は降車ボタンを押した停留所では下車しなかった。その停留所では他に下車する人がいた。
そして次の停留所が近づくとまだ子供が降車ボタンを押したが、その停留所では下りる人がいなかった。おばあちゃんは軽く注意をしていたようだが、母親は子供に何も言わず、また降りる人がいない停留所に停車しても運転手に対して何の発言もなかった。
更に次の停留所が近づくと、子供は三度降車ボタンを押し、その停留所でおばあちゃんは降りて行った。
どうやら家族ではなく、見ず知らずのおばあちゃんだったらしい。(巫女談)
結局、その後も子供は降車ボタンを押し続け、誰も降車しない停留所に停まっても母親は一言も発しないし、子供に注意することもなかった様子。
その母子より先に巫女は下車をしたので最終的にどうなったかは不明。

というお話でした。そして、自分はそんな母親にはならないように気を付けたいと。

そんな話がつい先日あったのですが、このイタズラに類する記事があったのでUPしておきます。
例によって、元記事削除防止に転載しています。

バスの降車ボタンを押して「うっそでーすw」 小学生の「いたずら」は犯罪になる?
弁護士ドットコム 11月28日(土)9時53分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00003999-bengocom-soci
走っているバスの中で、小学生が何度も降車ボタンを押し、バスが停まるたびに「間違えましたーw」「うっそでーすw」とふざけていたところ、運転手から「今ボタン押した人降りて」「降りるまで発車しないから」とお灸をすえられたーー。そんな場面を目撃した人のツイートが2万7000回以上リツイートされ、話題になった。
ツイートによると、運転手と小学生の間で、「ごめんなさい、もうしません」「ええけえ降りろ」「ここ違うんです」「でもボタン押したじゃろ」「ごめんなさい(半泣き)」「早う降りにゃあ他のお客さんに迷惑じゃろ」「ごめんなざい~(本泣き)」「◯◯小じゃろ。学校に言うとくけえの」などのやり取りがかわされたそうだ。
このツイートに対して、「いけないことはきちんと教えないとね」「泣けば許されると思って...悪質な子供ですね」などのコメントが寄せられている。このようないたずらは何らかの犯罪になる可能性はあるのだろうか。足立敬太弁護士に聞いた。

●「偽計業務妨害罪」が成立する可能性がある
「降りる気もないのに降車ボタンを押し、各停留所にバスを停まらせた行為は、偽計業務妨害罪(刑法233条後段)が成立しうる行為です。『偽計』とは、人を欺き、誘惑し、あるいは他人の錯誤または不知を利用することです。降りる気もないのに降車ボタンを押す行為は、欺く行為であるといえます。
降りるつもりなく降車ボタンを押しても、他に降りる乗客がいたのであれば実害はありません。しかし、降車ボタンが押されて停車したのに、降車する乗客がいなかっただけでなく、さらに乗車する客もいなかったのであれば、停車した分バスの運行に遅れが生じるという実害が生じています。
しかもそれを繰り返し行ったのであれば、実害は軽微ではありません。したがって、バスの運転手の運転業務を妨害したと評価できると思われます。なお、法定刑は3年以下の懲役または50万円以下の罰金です」

小学生がやった場合でも犯罪になるのか。

「今回のケースは小学生のいたずらとされています。刑法41条で『14歳に満たない者の行為は、罰しない』と定められているため、実際に刑事罰が科されることはなく、このような場合、警察は児童相談所に通告して対処することになります。

もっとも今回のケースでは、運転手がきついお灸を据えたようなので、実際にこれらの手続が踏まれることはないでしょうね」
足立弁護士はこのように話していた。

【取材協力弁護士】
足立 敬太(あだち・けいた)弁護士
北海道・富良野在住。投資被害・消費者事件や農家・農作物関係の事件を中心に刑事弁護分野も取り扱う。分かりやすく丁寧な説明だと高評価多数。
事務所名:富良野・凛と法律事務所
事務所URL:http://www.furano-rinto.com/
ということです。
子供はとかくボタンとか押したがりますが、イタズラに押すことが無いように注意しましょう。
そして、もし誤って押してしまって誰も降車しない場合には、速やかに 「間違いました」 なり 「ごめんなさい」 なりを運転手さんに伝えましょう。