2013年11月19日

ASEAN諸国もアジアの一員です

安倍首相は精力的に外交されていますね。
しかしそのニュースを見ていて少し気になったことがあります。

例えばこのニュース。(例によって削除対策として原文転載しておきます)

<首相10カ国歴訪>ASEANで復権模索 中国をけん制

毎日新聞 11月17日(日)22時3分配信


<首相10カ国歴訪>ASEANで復権模索 中国をけん制

カンボジアのフン・セン首相(右)と握手する安倍晋三首相=プノンペンで2013年11月16日、AP

 【ビエンチャン吉永康朗】安倍晋三首相は17日のラオス訪問で、東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟する全10カ国の歴訪を終えた。首相就任1年足らずで加盟各国の訪問を急いだのは、同地域で影響力を増す中国に対抗し、日本の存在感を高めるのが狙いだ。安倍首相は一連の首脳会談で、経済と海洋安全保障の両面で協力関係を前進させ、中国を強くけん制した。

【安倍首相:長く厳しい1年】野田前首相の解散表明後を回顧

 「ASEANは経済再生に欠かせない友人で、アジアの海を自由にする重要なパートナーだ」

 首相は17日、ラオスの首都ビエンチャンでの記者会見で東南アジア各国との連携に意欲を強調した。首相は今年1月のベトナム訪問を皮切りに、ASEANへの接近を強めた。今回は臨時国会の最中、週末を利用して、カンボジア、ラオスを駆け足で行脚した。

 首相の積極外交には、強大な資金力により東南アジアで年々、存在感を高める中国への危機感がある。一方で、中国と南シナ海の領有権紛争を抱える一部の国には警戒感も台頭。中国に対する地域の複雑な視線を踏まえ、首相はASEAN歴訪で日本の復権を模索した。

 首相は各国の訪問で、日本の高い医療技術による「日本式医療」の海外展開を前面に打ち出した。民生分野が遅れたカンボジア、ラオス両国で保健医療分野での協力を深めたことに、政府関係者は「中国にはできない、日本独自の貢献策だ」と胸を張る。

 海洋安全保障の分野では、7月にフィリピンに巡視艇供与を決定。マレーシアとは海上保安機関の協力で合意するなど、海洋上の「法の支配」(首相)で足並みがそろいつつある。中国寄りのカンボジアとの共同声明では、海上航行の自由・安全確保を目指す「南シナ海行動規範」の早期策定を盛り込んだ。

 政府は12月に東京で開く日・ASEAN特別首脳会議で各国との連携を深め、海上航行などで中国に自制を呼びかけるシナリオを描く。ただ、アジア外交の柱となる中国、韓国との関係が冷え込む中、周辺諸国との交流ばかり目立つ状況だ。首相は17日の記者会見で中国との関係改善を問われ、「我が国の平和国家としての歩みは不変だ。世界の平和と安定に一層、積極的に貢献していく」と述べるにとどめた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131117-00000057-mai-pol
  続きを読む

2013年11月18日

わかるかなぁ~?わかんねぇだろうなぁ~!?

昔、タイトルのようなフレーズが使われたCMがありました。
なんのCMだったかすら忘れてしまいましたが、割と頻繁にテレビで流れていた記憶があります。

ところでこの食材、輸入牛なんだけど国産牛使用って書いても大丈夫かなぁ?
「わかるかなぁ~?わかんねぇだろうなぁ~!?」

このブラックタイガー、フライにしたらクルマエビのフライって書いても大丈夫かなぁ?
「わかるかなぁ~?わかんねぇだろうなぁ~!?」

このみかん、県外産なんだけど和歌山産って書いても大丈夫かなぁ?
「わかるかなぁ~?わかんねぇだろうなぁ~!?」
(いや、和歌山のみかんと他産地のみかんはある程度わかるような気も・・・)

ってなやりとりがあったかどうか知りませんが、いろんなところで食材表記の偽装が問題になっています。

確かに嘘の表記をしていたという事実は問題ですが、しかしこれは食材を扱っている業者・店舗だけに責任があるわけではないように、私は思います。消費者にも少しばかり責任があるのではと・・・。
* 法的な意味での責任ではないです。また偽装した業者・店舗を弁護するものでもありません  続きを読む

2013年11月16日

祈るということ

昨日11月15日は七五三の祝い日とされています。
七五三という呼び名や、その祝い日が11月15日と定められたいわれ等々については、「木の国神話の社 禰宜日誌」に記したことがありますし、いろいろなところでいろいろな方が記されたりお話しされていますので、ここでは割愛します。

さて、11月15日前後の週末になると、お祝いの子供たちが両親などと一緒にお参りに来られます。
多くのご家族が 七五三詣りの祈願をされ、御垣内で祝詞をあげてもらい、鈴祓いを受けるという参拝をされています。

お子様の晴れの日なので、大抵の御家族がカメラを持参して写真や動画を撮影されていますが、伊太祁曽神社では御垣内での撮影はご遠慮いただいています。
これは、神域内では撮影をするものではないというのも勿論ありますが、同時に家族の皆さんにはちゃんとお祝いの子供のこれまでの成長と今後の健勝を祈願してほしいという想いもあるからです。
我々神職は参拝者の祈願を神様にお伝えする役割を担ってはいますが、祈願主はあくまで参拝に来られた方々。
その祈願主が写真やビデオの撮影に一生懸命ではいけません。

ところで、中には子供に晴れ着を着せて写真だけ撮りに来ているご家族も見受けられます。
写真を撮りに来ることについてはあまり煩いことを言うつもりはないのですが、参拝すらしない家族というのはさすがにいただけませんね。七五三の意味を完全に忘れてしまっています。

そういえば、境内で行事が行われている時に、その参加者の中には全く参拝をしない方もしばしば見受けられます。
勿論、駐車場やそういった場所で行われている行事もありますので、そういう場合は気づいていないのかもしれません。
しかし、本殿を横切って参拝も一礼もしない方が最近増えているように感じます。それも結構良い年齢の方々に・・・。

祈るということ、手を合わせるということを、忘れてしまった日本人が増えているのでしょうか。
昔はよく「神様仏様が見ている」「お天道様が見ている」といって、他人の目がなくても悪いことはしないという教育が行われていました。
ここしばらく世間を騒がせている、食材表記偽装事件はこういった「神様仏様が見ている」という感覚を忘れてしまったからでしょうか。  

2013年11月05日

横浜戦の踏切事故(続編)

以前に、横浜戦の踏切内で倒れた老人を救出し、一方で自らは犠牲となってしまった女性についての記事を記しました。
http://itakiso.ikora.tv/e956247.html

この女性が表彰されたことについて賛否両論が上がっていました。

ところで、この表彰は「紅綬褒章」というのだそうです。今頃になって知りました。
少なくとも、この件に関するテレビ・新聞等の報道の中で「紅綬褒章」と紹介されていたのを私は見ませんでした。

褒章というと 紫綬褒章 や 黄綬褒章 が浮かびますが、それぞれの意味はよくわかっていませんでした。
御存じの方も多いとは思いますが、自身の手控えを兼ねて記しておきます。

紫綬褒章・・・学術、芸術上の発明、改良、創作に関して事績の著しい者

黄綬褒章・・・業務に精励し衆民の模範である者

藍綬褒章・・・公衆の利益を興し成績著明である者又は公同の事務に尽力した者

紺綬褒章・・・公益のため私財を寄附した者

緑綬褒章・・・自ら進んで社会に奉仕する活動に従事し徳行顕著である者

紅綬褒章・・・自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した者

内閣府のサイトにはこの様に紹介されています。(順番はことなります)

当該の紅綬褒章ですが、長年受章者が途絶えていたところ、小泉政権時代に既定の見直しがなされ、現在では毎年数人から十数人程度受章されているそうです。

表彰に否定的な方の意見の中には、安倍政権の人気取りだ というものがありましたが、規定があってのことであれば至極当たり前のことになりますね。批判自体が(個人的な感情による反対でなければ)的外れになります。
また、自己犠牲を奨励するという批判も見られましたが、紅綬褒章を受けた人がいるからと言って、それを真似て後に続く人が続出するとは到底思えません。何か、考え方がとても浅ましいように感じます。

お互いが助け合って生活し、善い行いがあれば皆で讃えるということが、当たり前でなくなってきている感覚は、はやり教育や社会の在り方によるものでしょうか・・・。