2012年08月30日

割り箸とMY箸

パソコンのファイルを整理していたら、平成20年に大阪木材青年経営者協議会(通称:大青協)で、「箸から考える環境問題」と題した討論会に関するファイルがでてきました。
この討論会は私がナビゲーターをした関係上、討論会の結論をまとめており、そのファイルが出てきたのです。

4年少し前のものですが、さまざまな角度からの意見が凝縮されているので、改めてここにアップしておきたいと思います。


割り箸とMY箸 ~箸から考える環境問題~
材木屋の主張 そして行動とは?
H20.07.22 大阪木材会館
ナビゲーター 奥 重貴
【討論会の結論】

 割り箸とMy箸について参加者からそれぞれ意見を出して貰いまとめた結果、総括としては割り箸、My箸共に長所・短所があるので一方的にどちらが良い・悪いという結論を導くべきではなく、ケース・バイ・ケースで使い分けるのが良いであろうという結論になった。また、単純に割り箸・My箸についてだけではなく、箸文化についての言及やこんな割り箸があったらよいのではないかといった未来志向の意見も出された。まず、割り箸についてだされた意見をまとめてゆきたい。

 そもそも割り箸は使い捨てなので資源を無駄に使っているという一般論に対して、逆に使い捨てであることから非常に衛生的だという反論が出された。また割り箸がテイクアウトの食品などに無料でつけられていることから、出先の食事でも困らずに飲食ができるというメリットが提示された。

 実際に割り箸を使用することを考えた場合、原材料となる樹木の伐採方法や、衛生管理に疑問の残る中国製輸入箸の利用は極力やめるべきだという意見が多数を占めた。皆伐方式で製造される中国産割り箸はその後の植樹作業も不十分で、森林伐採を推し進める結果を導き出している。また、箸を白く見せるために漂白剤に使用や、製品となった割り箸にカビが生えないように防腐剤や防カビ剤が使用されていることが、口に入れる箸の安全面について大きな疑問となっている指摘がされた。一方で、間伐材などを活用した国産割り箸の使用については概ね全員が積極的利用をすべきという意見だった。

 My箸の利用については、エコロジーであるという一般論のほかに、使い捨てでないということ以上に自分の食器であるという意識があり大切にするというが出された。その一方でマイ箸を洗剤を使って洗浄することは水環境の汚染を広めることに繋がるので良くないといった指摘がされた。また化石燃料を用いて製造されたマイ箸の存在についてはそもそもマイ箸の意義を理解していないといった意見も提示された。また、My箸運動を推進している人は流行りものに敏感で弱いといった(若干偏見を交えた)意見も出され、My端運動は一過性のブームで終わる可能性が示唆された。

 割り箸とMy箸についての様々な意見が出される中、そもそも箸を上手に使える若者が減っているといった箸文化そのものに対する危惧も提示された。また、割り箸は一体どれくらいの量が年間使用されているのか調査する必要があるといった意見も出され、今後更に調査する必要があることも示唆された。

 またこれらのほかに、割り箸の利用推進のためのアイディアがいくつか提案されたのが非常に興味深かった。具体的には

  • 割り箸にも産地や樹種を明記する
  • 割り箸を有料化(または課税)して植林の費用に充てる
  • 輸入割り箸に高額の関税を掛けて、国産割り箸に競争力を持たせる
  • 杉の圧縮材を用いた割り箸なら強度も十分
  • 割り箸の利用もエコロジーであることをもっとアピールするべき
  • 割り箸そのもののリサイクルを考える必要がある
などが提示された。


【討論会を終えて】

 割り箸とMy箸というテーマでブログに記事を掲載した都合上、今回の討論会でナビゲーターを務めることになった訳だが、自身の意見を表に出さず皆から意見を集めて集約してゆく作業というのはこれまでに行ったことがなく、良い勉強となった。

 割り箸論争については端的に「割り箸は良くない」「My箸はエコロジーだ」といった意見がよく聞こえてくるが、今回の討論で出された意見のように一概に一方が良く他方が良くないと結論付けることはできないと皆が認識していることがわかった。

 割り箸の製造についてもいろいろと意見が出されたが、念のため割り箸製造の現状を簡単に記しておきたい。今日本で使用されている割り箸は年間250億膳といわれている。これは概ね日本人1人が5食に1食は割り箸で食事をしている計算になる。使用されている木材を立木で換算すると250万本に相当するらしい。しかし、これら割り箸の実に9割超が輸入に頼っているのが実情。そして輸入先はほとんどが中国。問題となっているのはこの中国での割り箸製造工程で、山に生えている木を全て切り払い(皆伐)、伐採した木を丸々割り箸の材料に用い(割り箸製造のための樹木伐採)、出来上がった割り箸を漂白したり防カビ剤の塗布を行っているという。そのためエコロジー以外の観点からも輸入割り箸の使用については疑問が提示されたのだと思われる。

 国産割り箸については、もともとは端材の有効活用として考え出された産物であるので、今日もそれに則った部分があると思われるが、近年では間伐材を活用した割り箸も登場しているという。「樹恩割り箸」がそれである。(http://juon.univcoop.or.jp/index.html)但し、コスト的な面などからまだまだ輸入割り箸のシェアを奪還できる状況には程遠いようだ。

 My箸については、箸洗浄の際の水質汚染やMy箸素材が化石燃料を使用していることがある点、またMy箸本来の目的を忘れてしまい趣味的に集める行為などの問題点が挙げられた。一方で自分自身の箸という意識はものを大切にする気持ちに繋がるので良いといった積極的意見も聞かれた。木材需要の促進という観点だけで考えるのであれば、使い捨ての割り箸を国産間伐材を用いて貰うことが非常に良いのだが、総体的に考えたときにやはりこの「ものを大切にする心」は非常に大切なことであり、また山を守ってゆく精神にも繋がるので大きく評価したいと思う。

 今回の討論会で非常に興味深く感じたのは、割り箸を環境に配慮した上で利用促進させるアイディアが提示されたこと。「割り箸に樹種や産地の表示」というのは木に親しんで貰うには良い提案だし、「割り箸そのものに森林保護のための費用を上乗せ」というのは価格の点で折り合えれば非常に良いことと思われる。輸入割り箸に関税を掛けてこれに適用するというのもひとつの方法であろう。また「割り箸そのもののリサイクル」については既に取り組んでいるところがあり、前向きな結果を期待したいところである。「杉の圧縮材を使用する」という観点は、箸作りに向かないやわらかい樹種を有効活用する方法としてよい案と思う。あとは費用との兼ね合いではないだろうか。

 また箸文化そのものに対する警鐘として「箸を上手に使える若者が減っている」といった指摘もあったが、材木業界として割り箸促進や木のMy箸促進を行うのであれば、正しい箸の使い方講座のようなものを企画してゆくのも楽しいかもしれない。若者の間では和風がひとつブームになってきており、夏場は浴衣がけを以前より見かけるようになったが、やはり着付けがおかしかったり、立ち居振る舞いが着物に似合わないことも多々見られる。彼らの間では「正しい和」に関する興味はあるようだが、昔ならあたり前のように周りから教えて貰えた環境が核家族化や都市部集中の生活体系のためになくなってしまい、機会に恵まれないのが実情の様である。

 木の家が見直されているように、箸文化に対する若者の興味は潜在的にあるかも知れない。そいういった部分を刺激しながら割り箸・My箸・木の箸について考えされる機会を材木屋が提唱してゆくのも悪くはないのでなかろうか。

  


2012年08月21日

竹島を巡る歴史事実 (現代語訳)

これが 「現代語ですか?」 という批判は、ナシの方向で・・・。


この文章も分かりやすいですが、日本の高校生が造ったとされている、こちらの映像も分かりやすいです。
過去記事で紹介していますが、再度、掲出しておきます。
http://itakiso.ikora.tv/e801624.html
  
タグ :竹島歴史


Posted by 木霊 at 10:10Comments(0)

2012年08月17日

尖閣諸島が日本の領土であることを中国もちゃんと認めています。

尖閣諸島の記事を先ほど記しましたが、シナが尖閣諸島は日本の領土だと認めていた証拠がでてきたようです。
週刊ポストの記事だそうですが、私は原本確認ができておりません。
原本確認せずに転載するのはいかがかとも思わないでもないのですが、ちょっと確認する術が今はないので・・・。


<週間ポストより転載>
 
★★動かぬ証拠」★★

温家宝首相に国連演説で、「領土では一切妥協しない」と​言われたうえ、謝罪と賠償金を要求されるなど、中国にや​られ放題の日本。政府の腰ぬけ外交のツケはあまりにも大​きいというほかはない。
歴史をひもとけば、中国の主張が偽りなのは一目瞭然。

上記地図を見て欲しい。1960年4月に北京市地図出版​社が発行した「世界地図集」に掲載されている日本の「琉​球群島」の部分だ。
2004年にこの地図を発掘したジャーナリストの水島政​憲氏がいう。

「尖閣諸島は日本の領土として、しっかり日本名の『魚釣​島』『尖閣諸島』と表記されています(A)。日本と台湾​(中国)の国境線も、国連海洋法条約に従って、与那国島​と台湾本島の中間に引かれている(B)。67年に発行さ​れた別の地図集でも同様の表記でした。当時、中国は尖閣​諸島を日本の領土だと認めていたわけです。」

この地図を見れば、現在日本政府が公式見解としている通​り、「日中間に領土問題は存在しない」ことは明らか。と​ころが、1968年を境に、中国の地図表記はガラリと変​わってしまったのである。
68年といえば、アジア極東経済委員会(ECAFE)が​、尖閣諸島周辺にペルシア湾級の石油・天然ガスが埋蔵さ​れている可能性を指摘したそのタイミングである。

「私が発見した72年発行の、同じ北京市地図出版社の地​図では、いきなり自国領として中国名の『釣魚島』『赤尾​嶼』を掲載していました。さらに驚くべきは、清時代の地​図の改ざんまで行っていたのです」(前出・水間氏)

1905年に初版が出版された「大清帝国全図」�には、​尖閣諸島が中国の自国領だと示す記述は全くなかったが、​87年に出版された「中国歴史地図集」�には、何故か「​1820年当時の清」との説明で、釣魚島と赤尾嶼の表記​に括弧つきで(福建)と記されていた。

「歴史的に見ても福建の行政区であり、『清の時代から中​国領土だと主張していた』といいたいのでしょう。でも、​これは完全なウソ。中国は、目的のためにはどんな手段も​正当化してしまうのです。
7~8年前から、中国人が神田(東京)の古本屋をうろつ​いています。古本屋の店主は、『中国人が中国の古地図を​買い漁っていて、地図が出回らなくなった』と嘆いていま​した」(同前)

これも、中国による歴史塗り変え工作の一環なんだろうか​。その意味でも、この地図は中国による”改ざん前の事実​”を記した極めて貴重なものだと言える。
さらに水間氏は、冒頭の地図の意外な出所を明かした。

「この地図が所蔵されているのは、実は外務省中国課なの​です。04年に私が中国課に古い資料がないか詰め寄った​ところ、発見された。
しかし、その後政府がこの資料を活用した形跡はありませ​ん。政府はただ『領土問題は存在しない』と口でいうだけ​でなく、この地図を中国に証拠として突き付けるべきでは​ないか」

中国課は、現在もこの資料を所蔵しているという。脅しや​嫌がらせどころか、歴史の改ざんさえも平気でする国には​、堂々と歴史的事実を示して対抗するしかない。

彼国は靖國神社への首相参拝についてもとやかく言ってきますが、彼らが大騒ぎするようになったのは比較的後の時代になってからなのです。
それまでに、何度も歴代首相は春秋例大祭に内閣総理大臣として参列してきましたし、8月15日にも参拝した記録があります。
この辺のことについては、また機会があれば掲載したいと思います。  


2012年08月17日

強制送還・・・だと(怒

先日から竹島関連の記事が続く中、今度は尖閣諸島です。
もう少々お付き合い下さい。


尖閣上陸の活動から14人、17日にも強制送還
 沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に上陸したなどとして、入管難民法違反(不法上陸・入国)容疑で逮捕した香港の「保釣行動委員会」の活動家ら14人について、沖縄県警や海上保安庁は16日、那覇地検に送検せず、17日にも入管当局に身柄を引き渡す方針を決めた。政府は全員を強制送還する。

 また、上陸を阻止しようとした海上保安庁の巡視船に、活動家らが抗議船かられんがやボルトのようなものを投げ付けて抵抗していたことが海上保安庁への取材で判明。

 同庁によると、けが人は出ておらず、巡視船に目立った損傷もないため、公務執行妨害罪や器物損壊罪の適用は困難で、刑法犯には問えないとしている。

 海上保安庁によると、活動家らの抗議船が領海に侵入し、魚釣島に近づいた15日午後5時ごろ、巡視船が進路を阻もうと接近。その際、活動家らが甲板かられんがやボルトのようなものを投げ付けた。抗議船はその後、巡視船の制止を振り切って島の岩場に突っ込み、7人が上陸、うち5人が島にとどまった。

 沖縄県警が5人を、第11管区海上保安本部(那覇)が抗議船に戻った2人を含む9人を入管難民法違反容疑でそれぞれ逮捕。那覇への移送を終えた16日午後から本格的に取り調べた。

 11管本部によると、9人はいずれも「尖閣諸島は中国の領土であり、不法入国にはならない」と逮捕容疑を否認している。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120816-OHT1T00244.htm


けが人や目立った損傷がないから公務執行妨害や器物損壊罪の適用は困難??
未遂という言葉があるでしょうが。

それとも、これまで日本の警察などはけが人が出なかったり、目立った損傷がなければ、全て無罪放免をしてきたとでも??

そんなことやっているから、諸外国から足元を見られるのです。  

2012年08月15日

日本人はおとろしい・・・ (i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ

「おとろしい」 和歌山弁です。 「恐ろしい」 ということです。

全く、日本と言う国は、朝鮮と言う国をここまで変えてしまったのですね。


いやはや、素晴らしい おとろし~~~。



日本が朝鮮にした恐ろしいこと

36年の日本帝国主義支配のせいで
朝鮮半島の人口が2倍に増えて
24歳だった平均寿命が30年以上伸ばされて
人口の30%を占めていた奴隷が解放されて
幼児売春や幼児売買が禁止されて
家父長制が制限されて
家畜扱いだった朝鮮女性に名前がつけられるようになって
度量衡が統一されて
忘れられていたハングル文字が整備され、標準朝鮮語が定められ
朝鮮語教育のための教科書、教材が大量に作成され、持ち込まれて
5200校以上の小学校がつくられて
師範学校や高等学校があわせて1000校以上つくられて
239万人が就学して、識字率が4%から61%に上がって
大学がつくられて、病院がつくられて
カルト呪術医療が禁止されて
上下水道が整備されて
泥水すすって下水垂れ流しの生活ができなくなって
日本人はずっと徴兵されていて戦場で大量に死んだのに
朝鮮人は終戦間近の1年しか徴兵されず、内地の勤労動員だけで済まされていて
志願兵の朝鮮人が戦死したら、日本人と同じく英霊として祀られてしまって
100キロだった鉄道が6000キロも敷かれて
どこでも港がつくられて、どこまでも電気が引かれて
会社がつくられるようになって、物々交換から貨幣経済に転換して
二階建て以上の家屋がつくられるようになって
入浴するよう指導され
禿げ山に6億本もの樹木が植林され、ため池がつくられて
今あるため池の半分もいまだに日本製で
道路や川や橋が整備されて
耕作地を2倍にされて
近代的な農業を教えられたせいで、1反当たりの収穫量が3倍になってしまって
風習とは言え、乳を出したりして生活するのがとても恥ずかしくなって
気がついたらいつの間にか近代国家になっていた。
  


Posted by 木霊 at 09:02Comments(0)

2012年08月14日

オリンピックサッカー韓国戦と竹島問題

オリンピックが終幕しましたね。
日本は史上最多のメダルを獲得したといいながら、金メダルはあまり取れませんでした。残念。

ところで、先日から話題にしている男子サッカーの銅メダル決定戦後の、韓国選手の行動についてですが、IOCも調査に乗り出したようですね。
政治的宣伝活動だとしてIOCが調査開始 韓国サッカー代表の「独島セレモニー」 2012/8/12 13:34
ロンドンオリンピック男子サッカーで、日本を下して銅メダルを獲得した韓国代表のパク・ジョンウ選手が試合後に「独島(竹島の韓国側名称)が我が領土」というメッセージを掲げていた問題で、国際オリンピック委員会(IOC)は2012年8月11日、調査を始めたことを発表した。IOCは韓国のオリンピック委員会にパク選手の表彰式の出席取り止めを求めており、11日に行われた表彰式にはパク選手は姿を見せなかった。
   IOCのオリンピック憲章では、競技会場などでの政治的なものを含むあらゆる宣伝活動を禁じており、違反した場合選手の失格や資格認定取り消しの処分が下される。
http://www.j-cast.com/2012/08/12142678.html

FIFAも動きだしたようですね。
朴鍾佑選手のメダル保留=FIFAは調査開始―IOC〔五輪・サッカー〕 (時事通信)2012/8/12 22:42
 【ロンドン時事】10日に行われたロンドン五輪のサッカー男子3位決定戦で、韓国のMF朴鍾佑選手が日本戦に勝利後、ピッチで竹島(韓国名・独島)の韓国領有を主張するメッセージを掲げた問題を受け、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長は12日、この選手への銅メダル授与を保留したことを明らかにした。
 国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会は11日に朴鍾佑選手に対する調査を開始。FIFAは韓国サッカー協会に対し、8月16日を期限に事情説明するよう求めた。 
http://london.yahoo.co.jp/news/detail?id=20120812-00000101-jij_olympic

そんな中、韓国サッカー連盟は日本サッカー連盟に、謝罪文を送ったとの事ですが、もはやそんなレベルの問題ではないと思います。
<五輪サッカー> 「竹島」アピール、韓国協会が謝罪 2012年08月13日22時16分 提供:毎日新聞
 ロンドン五輪サッカー男子の3位決定戦で韓国選手が竹島をめぐる政治的なメッセージを掲げた問題で、日本サッカー協会の大仁邦弥会長は13日、韓国の大韓協会会長から「申し訳なかった。二度と起こらないよう徹底する」との文書が届いたことを明らかにした。福島市内で取材に応じた大仁会長は「対応についてはFIFA(国際サッカー連盟)やIOC(国際オリンピック委員会)に任せている」と述べた。【江連能弘】
http://news.livedoor.com/article/detail/6852829/
ところで、竹島について、日本固有の領土であるということを分かりやすく説明した映像が、youtubeにアップされています。
高校生が作成したとされているから驚きですが、とにかく分かりやすいので紹介しておきます。



そして、この 日本vs韓国 の銅メダル決定戦で、あまり報道されていないもう1つの事実も紹介しておきます。

素晴らしき日本のサポーター
この写真は、日本人ではなく外国人記者が撮影したもので、日韓サッカーの試合終了後のものだそうです。
韓国に負けてメダルを逃した試合の直後ですが、自分たちが使用した応援席を中心とするスペースのゴミ拾いをしているところだそうです。
選手同様に悔しい思いをしているにも関わらず、自分たちが使わせて頂いた場所をきれいにして帰る、素晴らしいことです。
サッカーの盛んな国の中には、試合に負けると暴徒と化すサポーターが有名なところもあるようですが、極めて対照的なこの行動。
まだまだ日本は大丈夫と思うと同時に、やっぱり素晴らしい国民性だと再認識します。
見方によっては、スタジアムの清掃係がするのにという考え方もあるのでしょうが、そこは日本人の国民性でしょうね。

勝負は勝負。マナーはマナー。
素晴らしきかな、日本人。今度は、試合でも韓国を下しましょう!!

(翌日、女子バレーボールが韓国を下して銅メダルを獲得したので少し晴れ晴れしましたが・・・)  


Posted by 木霊 at 12:49Comments(0)

2012年08月11日

オリンピックは平和の祭典

日本のお家芸と呼ばれ、金メダルを取って当たり前と思われた種目で金が取れなかったり、全く注目されていなかったり期待されていなかった種目でメダルを獲得したり、今回のオリンピックは今までと随分違ったことがあり非常に興味深いですね。

個人的には今晩の女子バレーボールの3位決定戦(日本vs韓国)が気になるところです。
ところで、日本のサッカーも随分と強くなりましたね。なでしこジャパンは勿論として男子も。
3位決定戦の韓国戦は残念な結果でした。

そんな最中、韓国の李明博大統領は日本領土である竹島に上陸したとか。
そして、それと関連して、件のサッカー3位決定戦の直後、こんなパフォーマンスがあったらしい。




【記事本文邦訳】
'独島はわれらの領土' オリンピックサッカー代表チームバクジョンオが10日、英国のカ​ーディフミレニアムスタジアムで開かれた日本との銅メダル決定戦​で勝利が確定した後、 `独島は私たちの地'と書いた紙を点滅され感動セレモニーを演出​した。バクジョンオの独島セレモニーの写真を接したネチズンたち​は"あウルコクハルポンた" "カッコイイ韓国カッコイイバクジョンオ" "日本のお前ら見ているか?" などの様々な反応を見せた。一方、我が国のサッカー代表チームは​前半、朴主永、後半戦旧鉄のゴールに負って2-0で勝利し、オリ​ンピック史上初の銅メダルをプレゼントした。[毎日経済スタート​ゥデイバクミラインターン記者]
http://news.mk.co.kr/v3/view.php?no=505889&year=2012

オリンピックの期間中は、世界各地の戦争・紛争も停戦状態にしようという 「オリンピック停戦」 の伝統は古代から続けられているそうで、今回のロンドンオリンピックでも 国連事務総長がこれを呼びかけていました。
現在の国連事務総長 潘基文 は韓国人ですよねぇ~。

今回の 李明博大統領の行為、そして韓国代表サッカーチームの選手は 「オリンピック停戦」 の意味分かっているのでしょうかね?そして、どこの国の人がそれを推奨しようと頑張っているのか。

勿論、日本と韓国は戦争状態にあるわけではありませんし、これらの行為は戦闘行為ではありませんから オリンピック停戦 とは何ら関係がないと、開き直られてしまえばそれまでですが、「オリンピック停戦」 の精神には反していると思います。