2012年03月30日

自然災害が発生したら「逃げナビ」を使おう!

和歌山県は長い海岸線を持つ県であり、山がちな地形から沿岸部に多くの人が暮らしています。
そして南のほうに行くと外海に接していますから、地震が発生すると津波の被害が気になるところです。

そんな県民の避難ツールとして、和歌山県が i-Photne やスマートフォン で使用出来る 災害対策アプリ 「逃げナビ」 を開発したとニュースでやっていました。


和歌山県「逃げナビ」で避難誘導 防災アプリ開発
 和歌山県は29日、発生が予想される東海・東南海・南海地震に伴う津波などに備え、画面の地図上で住民を避難先に誘導するスマートフォン(多機能携帯電話)向けのアプリ「逃げナビ」を開発したと発表した。
 大地震などの災害発生時に、衛星利用測位システム(GPS)機能を使って自分のいる場所から避難所を検索でき、適切な避難所までの経路を地図や矢印で案内してくれる。ネットワークがつながらなくても、オフラインで大部分作業できる。
 アンドロイドなどのスマホでは、29日から無料でダウンロード可能。iPhone(アイフォーン)では、4月中旬の提供開始を予定している。
http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012032901001520.html



ところが残念なことに、県のサイトを見てもこういった情報が記されていない。従って当然リンクも貼られていない。
一応、アプリの大手ストアからダウンロードできるようですが、「逃げナビ」を探すのに苦労しました。
折角開発しても、入手方法が分かりにくく普及しないのでは意味を成しませんね。
もう少し、広報には力を入れて欲しいと思います。(オトナの事情があるのかも知れませんが・・・)


ちなみに、私はパソコンで検索して見つけたページをスマホに送って導入しました。
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.isana.bosai_wakayama  


2012年03月27日

みどりの日、文化の日

『神社新報』(3月26日号)にー「明治の日」制定を集会で広く呼びかけーという記事が出ていました。
4月29日を「みどりの日」から「昭和の日」に変える運動が盛んだった頃、なぜ11月3日を「明治の日」にしようという動きがないのかと疑問に思っていました。
私は、もともと「昭和の日」制定には反対の立場でしたが、その理由の1つがこれなんです。

推進派の方々は、昭和という激動の時代を振り返るために分かりやすい名称の方が良いと主張される方もいたと思います。昭和天皇の御聖徳を顕彰するために制定する必要があるといわれた方もあったと思います。

私も昭和天皇の御聖徳を顕彰することに異論はありません。しかしそれでは、明治天皇は?大正天皇は?となってきますよね。勿論、それ以前の御歴代は?そして今上陛下をはじめその後に続く歴代天皇を顕彰する日は?

その観点から、近代国家への道を開いた明治天皇の生誕日にちなむ「文化の日」、国土緑化に思いを寄せ植物学者でもあられた昭和天皇の生誕日にちなむ「みどりの日」の方が、個人としてはとても情緒的でありよいと思っています。
そして、祝日の意味をきちっと伝えて行くことをすればそれでよいと思っています。

4月29日が昭和の日に制定され、新たに5月4日がみどりの日となりました。
「国民の休日」という意味不明の休みよりはマシですが、それまでの「みどりの日」とは祝日の意味の重さが軽くなってしまった気がするのです・・・。  


2012年03月20日

春季皇霊祭と天皇陛下

昨年12月にこんな記事がでました。

女性天皇を認めるなら過酷な祭祀の見直し必要と宮内庁OB
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111221-00000019-pseven-soci

12月1日に記者会見で野田佳彦首相(54)は、「皇室活動の安定性という意味から、たいへん緊急性の高い課題だと認識している」と語り、「女性宮家」創設を検討することの重要性を述べ、皇室典範改正に関する有識者会議を発足させたいとの意向を示した。
現在、様々なメディアで展開されている女性宮家創設をめぐる議論だが、当事者である女性皇族のかたがたは、いったいどうご覧になっているかのだろうか。宮内庁の有力OBはこう話す。
「女性宮家創設が皇室典範改正を前提にしている以上、これは政治問題でもありますから、本来なら皇族が意見表明することはできないのです」
その意味で、秋篠宮さま(46)が、去る11月30日の誕生日に際した会見で、「(今後の皇室のあり方については)私、もしくは皇太子の意見を聞いてもらうことがあってもよいと思っております」と話された意義は大きい。
「女性宮家創設論が浮上しつつあることを前提にしたご発言であることは間違いありません。その議論が、陛下をはじめ当事者である各宮家のお考えと離れたものにならないよう、釘を刺されたのではないでしょうか」(同OB)
このOBはそのうえで、皇室内部に通じているからこその危惧を明かした。
「女性宮家創設論と、女性・女系天皇論は確かに表裏一体の問題です。しかし、皇室典範改正に関する議論だけでは解消しない問題があります。それは宮中祭祀のあり方です」
宮中祭祀とは、ご公務とは別に、天皇陛下が国民の幸福と繁栄を祈って行う祭典を指し、農作物の豊穣に感謝を表す新嘗祭(11月23日)や、五穀豊穣を祈る四方拝(元旦)など、年間30前後もある。
例えば四方拝は大晦日の深夜から元日の早朝にかけ、暖房など一切ない宮中で行われるもの。お体へのご負担は計り知れず、天皇陛下が過日、肺炎の治療から退院されたばかりの今回は、行われない見通しとなっている。
「ご多忙のご公務に加え、そうした過酷ともいえる祭祀を、女性天皇が続けられるのはいかがなものか。また、宮中には女性の生理や出産にともなう産褥を“けがれ”ととらえる考え方があります。そのため、女性の潔斎(沐浴などをして身を清めること)にはことのほか厳しいのです」
前出のOBはそういって、女性・女系天皇について議論するのであれば、「それら祭祀のあり方についても考えなければならない」と指摘した。
※女性セブン2012年1月1日号


私は、平成18年に「女性天皇と女系天皇の違い」についてお話させていただく機会があったときに、この宮中祭祀という視点から女性天皇は立てるべきではないという主旨を述べさせていただいたことが在ります。
(女系天皇についてはいうまでもありません)

この宮内庁OBがどういう意図で述べられたのか分かりませんが、「女性天皇を立てて宮中祭祀も減らせ」という主旨ではないと思いたいものです。


ところで、最近の天皇陛下の御不例に関わる様々な日程を拝見すると、なにやら宮中祭祀を削減させる(少なくとも陛下の親祭・拝礼が行えない)ように仕組まれているのではないかと、疑念を抱かざるを得ないように思います。

2月11日 紀元節 東大病院に検査入院

2月17日 祈年祭 翌日の心臓の冠動脈バイパス手術を控えて入院

3月20日 春季皇霊祭 胸水を抜く治療


2月11日の紀元節は、現在は特に宮中での祭祀は行われていませんが、しかし祈年祭、春季皇霊祭と2つ続けて祭典日に手術や治療に関する日程が入るというのはいかがなものでしょうか?

宮中での主要祭儀一覧(宮内庁サイト)
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/saishi/saishi01.html


宮中祭祀は「皇室の私的なお祭り」とする人たちもいるようですが、天皇・皇后両陛下には常に国民のことを思われ、国家安泰を願っておられ「私のない存在」です。つまり「公の祭り」であると私は理解しています。

勿論、陛下の玉体は大切ですから、治療・手術が緊急を要したりするのならば別ですが、そうでないのであれば、わざわざ宮中祭祀の日に重ねるというのはどうなんでしょうか?  


2012年03月17日

お魚の供え方

先日、お参りに来られた方から質問があったので、その内容と回答をこちらにも掲載しておきます。

Q,神棚に魚をお供えするときの向きを教えて下さい。お祭のときなどに注意してみているのですが、頭が右なのか左なのかすぐに分からなくなってしまいます。

A,頭が真ん中に向くようにお供えします。

簡単に言うと上のようになるのですが、もう少し詳しく説明します。(質問された方にも同じように詳しく説明させて頂きました)
まず、分かりやすいように、お家の神棚の中心から真っ直ぐに線を引きます。(実際に引かなくて結構です。頭の中で引いて下さい。)
そして、その線より向かって右側に魚をお供えする場合は、自分から見て魚の頭が左にします。
その線より向かって左側に魚をお供えする場合には、逆に自分から見て魚の頭を右にします。
もし、真ん中、つまり線の上にお供えする場合には、魚の頭は自分から見て右になります。
これは、真ん中が上位として、上位に頭を向けるという考え方によるものです。

そしてもう1つ決まりごとがありまして、海の魚はお腹が神様に向くように、川の魚は背中が神様に向くようにします。
海原(うなばら:海は腹)川瀬(かわせ:川は背中)と覚えると間違いません。

【補足】昭和17年に神社祭式ではこの「海原川瀬」について何ら故実がないとして魚は全て腹を神前に向けるように改正されたそうです。ただ、今もって「海原川瀬」でお供えしている神社も存在しています。


これらをまとめて図にすると、下のようになります。(例で示した魚は鯛(海魚)と鮎(川魚)です。

ちなみに、これは神饌としてお供えする場合の決まりごとですので、我が家のように自分達が食事で頂く料理を先ず神様にお供えするというようなときは、特段当てはめて考えなくてよいと思います。

おまけ
烏賊(イカ)と蛸(タコ)は同じ軟体動物ですが、供える向きが逆になります。
原則として上位に頭を向けるので、烏賊も蛸も頭が神様に向くように供えればよいはずなのですが、「剣先烏賊」と云うように烏賊の頭は尖っていて剣先を連想させるため、烏賊に限っては神様に足を向けるように供えます。これは干したスルメでも同様です。


  


2012年03月09日

2012年03月07日

3月10日は山東の日

感謝のメッセージ募集たけのこまんに会える!
3月10日は「さんどー(山東)の日、そして3月9日は「サンキュー」ということで、「Thank You Sando プロジェクト」を山東まちづくり会では行います。

3月10日には、貴志川線車内でたけのこまんに会えるかもしれません。  


Posted by 木霊 at 10:21Comments(0)山東まちづくり会