2011年11月16日

神話って何だろう?

日供祭を奉仕して社務所に戻ると朱印帖を持った参拝者が待っておりました。朱印を押している間、七五三詣りの子供用に待合室に置いてある古事記の絵本などを読んで待っておられました。朱印帖をお渡しすると「神話ってなんなんでしょうね?」との質問。職員朝拝直前の時間だったので「民族の記憶ですね」と返答。
「でも、事実ではないですね」と言うので、「神話に記されている通りのことが1から10まで全て起こったのではないでしょうが、全部が荒唐無稽だと考えるのもマチガイ。我々の先祖のものの見方、捉え方、倫理観。後世に伝えるべき事実を集約・脚色したもの。」という主旨の返答をしました。
その方は「神様は確かにいらっしゃる」と思い神社を参拝されている方でしたので納得して、次の目的の神社へと出発されました。
神話とは何かを簡潔に説明できるだけのモノは持ち合わせていませんが、「神話を忘れた民族は例外なく滅んでいる」という英国の歴史学者A・J・トゥインビーの言葉を胸に刻んで、日本神話を知らない日本人に伝えてゆかなくてはいけないと思っています。

FaceBookでシェアする