2018年05月14日

奉納演奏

奉納演奏 という言葉を聞いたことがあると思います。
神社やお寺の境内で音楽などを奏でる行事が行われると、大抵「奉納演奏」と書かれていたりします。

でも、神社仏閣の境内で演奏することが「奉納演奏」ではありません。
つい先日、そんな話を ”神職ではない方” としておりましたので、ちょっと記しておきたいと思います。

お話したお相手は、とある会社の代表者。
神社が大好きでいろんな神社にお参りに行かれたりするそうですが、時々奉納演奏ではない奉納演奏を目にすると言います。
この時点で何を仰っしゃりたいのか概ね想像はつきましたが、続けてお話を伺うと、私と全く同じ考え方でした。

奉納演奏というのは、文字通り演奏を奉納することです。
「奉納」ですから、その対象は神社であれば神様、お寺であれば仏様な訳です。
ところが「奉納演奏」と称しながら、神社の本殿や、お寺の本堂を背にして、集まった人たちに対して演奏している写真をしばしば目にします。
これは 「奉納演奏」 ではありません。

ちょっと想像してみて下さい。
あなたがコンサートやライブに行くとします。会場につくと、あなたの席は演奏者の後ろでした。
つまり演奏者の背中は見えるけど、顔は見えない場所があなたのお席です。
普通そういう席はないと思いますが、極稀に会場の都合でそういうお席が提供される場合もありますね。
でも、それがVIP席だったらどうでしょうか?
すくなくともVIP席を準備しましたと言われて、そのアーティストの顔も見ることが出来ない、舞台の後方の席です。
勿論、舞台正面には席があります。

本殿や本堂を背にした舞台での演奏は、つまりは神様や仏様は今記した、舞台背面の席で聞くことになるわけです。
しかし「奉納演奏」ですから神様仏様がVIP・・・。

これは、演奏する側も気づかなくてはならないのですが、やはりそれ以上にその神社の神職や、そのお寺の僧侶がもっと気づかなくてはなりませんし、注意しなくてはならないと思います。

伊太祁曽神社の場合、奉納演奏をしたいとお申し出がありましたら、その旨をちゃんと理解してもらいます。
つまり 「神様に対して演奏したいのか、それともこの場所で多くの人たちに聞いてもらいたいのか」 ここを明確にしてもらいます。
神様に聞いていただきたいという趣旨でしたら、当日はまず正式参拝をしていただき、引き続いて神前にて神様に相対して演奏して頂きます。
折角の機会ですので、演奏を聞きたいという方もいると思いますので、その方々には奏者の左右にお席を設ける場合はあります。

また、それなりに大規模で取り組む場合には奉納舞台での演奏をお願いしています。
勿論奉納舞台ですから、舞台正面は本殿を向いています。
但し、それなり本殿まで距離がありますから、舞台の前に人間の観客席を設けることは可能です。
神様の方を向きながら、多くの方にも聞いていただくことができる設営の 「奉納演奏」 も可能です。

そして、単に神社という空間を使って演奏を行いたいという趣旨の場合、その目的や内容によっては許可する場合があります。
但し、演奏場所として拝殿前はお断りをしています。いわゆる外苑部分などでの取り組みをお願いしています。  

2018年05月02日

神社の参道の中央を歩いてはいけないのか?

ここ数年、神社での参拝作法などをテレビや雑誌などで取り上げてくれています。
一時期に比べると、手水をきちっと取ってから参拝する人が増えたようにも思います。

ところで、神社での参拝作法を説明する一連の流れの中で、「参道の中心は神様の通り道だから通ってはならない」というのがあります。
確かにもっともらしく聞こえるので実践している参拝者も多くいらっしゃいますし、同行者が参道の中心を歩いていると注意している人もしばしば目にします。
一方で、我々神職は祭典での参進などでは参道の中心(正確には少しだけ中心を外すのですが)を歩きます。

参道の中心を歩くことについては興味深い資料があります。
江戸時代前期に編集されたとされる 『神拝式類集』 という書物に次にような文章があるそうです。
凡参道歩行於中央事、可有思慮

およそ参道の中央を歩行するのこと、思慮あるべし とでも読むのでしょうか。
「参道の中央を歩くときは慎みの心を持ちなさい」という意味であろうと解釈されています。

この書は参宮の次第について纏めたものとのことで、つまりは神職ではなく一般に向けたものということになります。
したがって、江戸時代前期頃においては 「参道の中央を歩くべきではない」 ということにはなっていないのですね。

これは非常に興味深いことです。  

2014年12月16日

神社とクリスマス

12月に入ると、私たちは迎春準備で気も落ち着かなくなりますが、テレビなどではクリスマスイルミネーションやイブの過ごし方やプレゼントの情報が溢れそわそわするようですね。

さて、それでは神社関係者はクリスマスと無縁かというと、案外さにあらず(笑
別に縁があるわけではありませんが、世間並に楽しむ人は多いと思います。
そもそも、現代日本でのクリスマスは、既に宗教色は抜け去り単なる季節行事化していると言っても過言ではないからかもしれません。

敢えてもっともらしいことを言うならば、神道は八百万(やおよろず)の神々を祀り、外国の ”神” も単にその中の1柱にしか過ぎない、からです(苦笑
まぁ、これは半分ジョークなのですが・・・。

世間には神社が運営している幼稚園や保育園もあります。
子供たちにとってはイブの夜にはケーキが食べられて、夜寝て朝起きると枕元にはサンタクロースがプレゼントを運んでくれているという、とても楽しみな行事です。
そのクリスマスという ”イベント” を 神社が運営する幼稚園だから という理由を並べても子供たちにはわかるはずもなく、クリスマス行事を行っている神道系幼稚園保育所も少なくないと聞きます。
中には、園の行事の中でサンタクロースが登場するところもあるそうですが、サンタクロースとは大国さまが海外に行かれたときの格好だとか(笑
確かに、どちらも大きな白い袋をお持ちです。

さて、クリスマスというと一般的には、モミの木に飾りをしたクリスマスツリーを準備し、ツリーには雪を模した綿なども載せます。
七面鳥の丸焼きにワインを夕食に頂き、ケーキはブッシュドノエルの呼ばれるものを頂くのが正しい(?)とか雑誌に載っていたのを見た気がします。まぁ、七面鳥はいつの間にかニワトリにすり替わり、丸焼きはから揚げになってしまっているのが普通だと思いますが(笑
ところで、キリスト教は砂漠で生まれた宗教だったと思うのですが、なぜモミの木に雪という組み合わせなんでしょうね。
クリスマスはもともとキリスト教の行事ではなかったといわれています。
布教の中で、現地の宗教や習俗を取り込んでいったものではないでしょうか。(朔旦冬至を祝う行事だとかいろいろありますが、ここでは触れません。機会があれば項を改めて・・・。)

そんなクリスマス行事ですが、例によって神社新報にこんな微笑ましく、かつ日本人の信仰の原点のような記事があったので転載します。
毎回結構楽しみにしている、神職であり双子の母親のでもある方が記しているコラムです。

(状況)まだまだイタズラ盛りの双子の2歳児が、クリスマスイブの夜にサンタさんに置手紙をしようということになり絵手紙を準備します。そしてプレゼントを配って回るサンタさんに夜食も準備しようということになりごま塩ご飯とお水も添えて準備します。

双子はその二つをうやうやしく盆にのせ、手紙を置いてから、「サンタさん来ますやうに!」と言って、二人合はせて二拍手を打った。いろいろまちがってゐるけれども、素直な祈りのすがたを見た気がする。

サンタクロースが何ものであるのか、クリスマスがどんな行事であるのか、そんなことは子供たちにとってはどうでも良いのです。
さて、日本のクリスマスは宗教を超えた行事なのか、それともただのバカ騒ぎなのか・・・。  


2012年05月16日

祭典・祭祀への参列・拝観に関するマナー

賀茂祭の拝観・観覧の方への注意事項がインターネット上に記されていました。
この注意事項は、賀茂祭に限らず全国各地で行われている神社・仏閣の祭典祭祀・法会法要に共通するものだと思います。
こんなことを、わざわざ同胞に対して記さなくてはいけない御時勢というのは情けない限りですが・・・。


【賀茂祭を拝観/観覧を予定されている方へ】
本年は、15日が雨となった為、順延となりましたが、本日は予定通り行われます。毎年、様々なSNSを通じて、賀茂祭をご覧になられる方々にご協力をお願いをしていることが御座います。無事に神事が御斎行されるために、是非ともご一読賜れば幸いです。

・カメラによるフラッシュの撮影はご遠慮ください。牛馬を使用しての神事でございますので、それら生き物を暴れさせる要因となります。(フラッシュの機能の停止の方法が分からない方は、ご使用を控えていただきたく存じます。)

・行列の中へ入っての撮影は、他の観覧方々のご迷惑になる他、神事進行の妨げとなります。沿道、もしくは観覧席内から写真等の撮影をされるようお願いを申し上げます。なお、毎年、数人の方が京都御苑内での行列内に侵入して撮影をされる方がおられますが、この行列そのものが神事でありますので、神事の妨げとなりますので絶対におやめいただくようにお願いを致します。

・有料観覧席の方は、観光協会からの注意書きに書かれている通り、他の観覧者のご迷惑になりますので、日傘の使用はご遠慮ください。また、喫煙はご遠慮ください。また、前幕をまくってのカメラ撮影は絶対に控えるようにお願いします。行列への侵入行為と同じことですので、お控えください。

以上、簡単では御座いますが、賀茂祭を観覧を予定されている方々、是非ともご協力を賜り、無事に神事を執り納めることが出来るようご協力のほどを、地元のひとりとして、切にお願いを申し上げます。

https://www.facebook.com/shigetaka.oku#!/copylog/posts/4037603059298
  


Posted by 木霊 at 10:48Comments(0)祭礼・行事

2012年04月07日

結婚式の餅撒き



本日、伊太祁曽神社で挙式されたお二人には、挙式後 餅撒き を行いました。
これまでお世話になった家族親族の皆さんへの御礼と、当日神社にいた皆さんへの幸せのおすそ分けということだそうです。  


Posted by 木霊 at 11:32Comments(0)祭礼・行事

2012年01月23日

旧暦正月

今日は旧暦の1月1日。つまり、明治になって太陽暦が採用されるまでは、今日が年始だったというわけです。

旧暦については「木の国神話の社 禰宜日誌」のこちらの記事を参照して下さい。
 祭礼と暦1 http://itakiso.blog.shinobi.jp/Entry/247/
 祭礼と暦2 http://itakiso.blog.shinobi.jp/Entry/290/
 祭礼と暦3 http://itakiso.blog.shinobi.jp/Entry/291/
 祭礼と暦4 http://itakiso.blog.shinobi.jp/Entry/292/


ということで、旧正月だからとお参りに来られている方がしばしば。

宮司は神社庁企画の伊勢参宮旅行の添乗で、今日は伊勢の神宮に参拝していますが、旧正月にお参りできると大変喜んでおりました。  


Posted by 木霊 at 14:02Comments(0)祭礼・行事

2011年10月11日

出張授業

10月15日の例祭・神幸祭を前に、地元の小学校で13日6年生を対象に1コマ授業をすることになりました。
神幸祭には3基の神輿が出ますが、これとは別に子供みこしが2基あります。
毎年子供たちに担いでもらうのですが、昨年子供みこしの担ぎ方が非常に危なっかしく見えたので、神輿の担ぎ方の事前説明が必要かなと思ったのがきっかけです。

最近の小学校は、地域学習や日本文化の学習ということで、良く神社にやってきます。
近年、神幸祭は日曜日に斎行していますが、それでは本来の祭り日である10月15日が寂しいので、例祭の後小学校の地域学習の一環として子供みこしを担いでもらっています。
今年は例祭と神幸祭が同日斎行となりましたので、学校としては有志を募るという形式を取ったようですが、ほぼ全員参加になったそうです。

学校側と話をして、子供たちにはお神輿とは何であるのか、秋のお祭りは何故盛大に行われるのかなどをちゃんと知ってもらい、また怪我の無いように神輿の担ぎ方を知ってもらう、そんな事前学習の時間にしたいと思っています。

これまで神社に来ていただいた団体や学校に対していろいろとお話をさせていただくことは多々ありましたが、神社から出てお話させて頂くことはあまりありませんでした。来月には社会人の方を対象とした講話も依頼されており、だんだん外でも話す機会が増えるのかなぁ・・・。  


Posted by 木霊 at 10:52Comments(0)祭礼・行事

2011年03月22日

復興祈願祭

昨日、この震災被害の復興祈願祭を斎行したところ、本当に多くの方にご参列いただきました。
参列いただいた皆の祈りが、被災された方に届けばと思います。  


Posted by 木霊 at 07:10Comments(0)祭礼・行事

2011年03月19日

東北地方太平洋沖地震復興祈願祭(臨時祭)を行います

今回の大地震で被災された皆様、そのご家族・関係者の皆様、お見舞い申し上げます。
また、震災で亡くなられた皆様の みたまやすかれ とお祈りいたします。

3月21日10:00より 東北地方太平洋沖地震 と それに伴う 津波 原子力発電所事故 等 の 復興祈願祭を執り行います。

この祭典には、被災地 および 被災者 の復興を願う方ならどなたでも参列いただけます。
3月21日10時までに神社にお越しください。

また、義捐金 救援物資 についても検討しています。
義捐金については、4月3日の もちまき協賛金の一部 を充てることを協賛者にお願いしております。
救援物資については、物資搬送方法が確保できてからと考えています。


3月21日 10:00 東北地方太平洋沖地震復興祈願祭
  


Posted by 木霊 at 10:46Comments(0)祭礼・行事

2011年03月11日

やっぱり雨は降りません

今日は珍しく平日の結婚式がありました。

朝方、少し雨が降っていましたが、挙式の前には 太陽が出てくる好天に!
ところが、式が終わって しばらくすると 曇ってきました。
雨もパラパラ降ったりして・・・。

毎回、結婚式の時には雨が降ることはなく、降っても 直前 か 直後 なんですが、今回も挙式中に雨に降られることはありませんでした。

やっぱり 神様 ってすごいですね。  
タグ :結婚式


Posted by 木霊 at 12:26Comments(0)祭礼・行事