2018年06月14日

RADWIMPS と ゆず

先日、神道青年地区連絡協議会定例総会に出席してきました。
(あっ、正しくは神道青年近畿地区連絡協議会定例総会です。)

この会は、近畿地区2府4県の青年神職(概ね40歳以下)が集まって結成されている会で、年に数回の集まりがあります。
私は既に卒業していますが、長年近畿地区の役員に名を連ねていたので現在参与という肩書でご案内を戴いています。

さて、この会の冒頭、兵庫県神社庁泉庁長からご挨拶を頂きました。
その中で、RADWIMPS の HINOMAEU と ゆず の ガイコクジンノトモダチ の2曲の歌詞について紹介がありました。
ゆずの ガイコクジンノトモダチ は知っていましたが、RADWIMPSは、映画 「君の名は・・・」 の主題歌等に使われたバンドというだけで、この曲は知りませんでした。

そして、その翌日に次のニュースを目にします。

『日の丸や「御国御霊」は全て侵略戦争の旗や言葉』
RADWIMPSの『HINOMARU』に抗議し、廃盤と2度と歌わない事を求めるライブ会場前行動呼びかけ
https://snjpn.net/archives/54903


この記事によると、例のツイートは6月8日21:00とありますが、泉庁長がこの曲を聞いたのは遅くとも6月7日のことですから、この呼びかけなどで話題になって知ったものではありません。
そもそも、随分と若い曲をお聞きになるのだなぁと感心したものです。

さて話がそれましたが、こういったネガティブキャンペーンを売っている一方、実際にこれらの曲の評価はどうなっているのか気にしてみました。
といっても、一個人が街頭インタビューやアンケートを取るのもどうかと思いますし、そもそも東京や大阪などの都会でやらないとその意味は薄いように感じますので、違う方法をとりました。
今は、店舗でCDなどを購入するよりも圧倒的にインターネットでダウンロードする方式が主流ですので、一体ネットでのダウンロード数がどんな状況なのかを見れば、ある程度は曲の評価が見えるだろうと考えたのです。
その結果は次のとおりです。
  続きを読む


2018年06月08日

日本人はおとろしい・・・PartⅡ (i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ

「おとろしい」 とは和歌山弁で、「恐ろしい」 を意味します。
PartⅡということは、当然PartⅠがあるわけでして、前回の記事は下記リンクのとおりです。

日本人はおとろしい・・・ (i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ
http://itakiso.ikora.tv/e801631.html

前回は、日本が朝鮮半島を領有していた時代に行ったことを書き記しました。
36年間の領有期間に、いかに日本が朝鮮半島を改造し尽くしてしまったのか。
そりゃぁ、これだけ跡形もなく変えられてしまっては、朝鮮人も怒るというものです。

で、今回は現代社会において、在日韓国人からの日本への要求と、それに対する我が国の対応状況について記してみました。
(情報主 twitterアカウント @sakura_happynes さん)

彼らの14の要望のうち、いくつかは聞き入れていないんですね。
同じ日本に住んでいるのに「差別」ですね。

在日特権

<在日特権 在日がいままで要求してきた内容>
◯:実現済み △:実現中 ✕:要求中

◯1 公文書への通名使用可(在日隠蔽権獲得)
◯2 永住資格(非権利)
◯3 犯罪防止指紋捺印廃止
◯4 所得税・相続税・資産税等税制優遇
◯5 生活保護優遇
◯6 永住資格所有者の優先帰化
◯7 民族学校卒業者の大検免除
◯8 外国籍のまま公務員就職
◯9 公務員就職の一般職制限撤廃
◯10 大学センター試験への韓国語の導入
◯11 朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除
△12 民族学校卒業者の無審査公私高校受験資格
✕13 在日外国人地方参政権
✕14 公務員就職の管理職制限撤廃(これは9と同じか?)
△15 掛け金無しで年金受給可能


さて、では韓国において定住日本人(在韓日本人)はどのように優遇されているのか気になりませんか?
気になる方は、続きを御覧下さい。


在韓日本人に対する制度

韓国が在韓の定住日本人に対して行っている制度

◆ 就労権剥奪
◆ 国民年金に加入させない
◆ 住民登録させない
◆ ローンを組ませない
◆ 身分証の発行を受け付けない
◆ 電話回線に加入させない
◆ 不動産を保有させない
◆ 生活保護適用除外
◆ 公務員にさせない
◆ 銀行における銀行の当座取引、預金、送金、融資不可
◆ 日本人学校卒業者でも韓国小中学校の卒業資格は与えない
◆ 日本人学校卒業者は韓国高校の受験は禁止
◆ 当然、日本人学校の生徒に対しては授業料免除どころか学校に対して1銭の補助金もありません


ちなみに、全部とはいいませんが、ある程度までは韓国が行っている制度は世界の常識的範囲のことです。
別に反日政策として日本人に厳しい制度をつくっているわけではありません。

これらを見ると、いかに日本が在日朝鮮人に対して 「おとろしい」 までの優遇制度を設けているのかおわかりいただけるかと思います。

  

2018年06月03日

六歌仙

六歌仙
昨晩いただいたお酒です。
和歌山市内のこじんまりした、カウンターだけの料理屋さん。
入ったときは満席でした。予約を入れてあったので座れましたが・・・。

最初の1杯はいつも通りビールで。
その後はお酒に切り替え。
八海山があったので1杯目はそちらの冷やしたのを。
で、次に目に止まったのがこの六歌仙。

山形県のお酒でした。
「常温(いわゆる冷や酒です)しかないですが・・・」とのことでしたが、そのままいただきました。
ラベルには「燗酒に適してます」とは書いてありましたが、全然冷やでも問題なし。
キリッとした美味しいお酒でした。

調べてみると、昭和47年に5つの酒蔵が集まって創設されたそうです。
「六歌仙」の名前は、平安の歌人”六歌仙” が人々の心にやさしく響き渡る和歌を詠んだように、人々の心にやさしい味わいを届けたい思いを込めたそうです。
http://www.yamagata-rokkasen.co.jp/

このあたりで食事も終わりましたので、河岸を変えることとして移動しました(笑  

Posted by 木霊 at 17:15Comments(0)お酒

2018年05月14日

京都大学の立て看板

京都大学のキャンパスから外に向けて掲げられた立て看板が話題になっています。
平成30年5月13日付読売新聞朝刊の「編集手帳」にはこんな風に記載がありました。

編集手帳

戦前の、ある旧制中学の話だ。紳士たれ、と語る校長はライバル校にイートンやハローなど英国のエリート養成校の名を挙げた。ゲートル着用を命じる将校には「我が校は自由を尊重する」とやり返した
教師はシェークスピアやノバーリスを教えた。スボンの折り目だけはきちんとつけるように。学校からの指示に、生徒は毎晩、霧吹き、寝押しを欠かさなかったという
抵抗や反抗することではない。自分はこう生きるのだと、強い意志を示すことが自由だと教わった―。この中学に通い、後に京都大の学長を務めた西島安則さんの弁である
これも自由を巡る論争か。京大のキャンパスの外周、学生らが公道に立てかけた数々の看板は条例違反だと、大学が撤去に乗り出した。「立て看板は京大の文化。自由な学風はどうなる」。学生が反発し、騒動になっている。
双方、たかがタテカン、されどタテカンなのだろう。「結晶は完璧になると成長しない。整いすぎる時には異質なものが必要だ」。西島さんはこんな言葉も遺した。正論、大人の常識にどう抗うか。自由を持ち出す学生には覚悟と独創性がいる。
平成30年5月13日 読売新聞 編集手帳


なんとなくもっともらしい事が書かれている気がして 「なるほど」 と思ってしまう人もいるかも知れませんが、この文章はちょっとおかしいと思いませんか?

以前であればそのままブログを続けて書いていましたが、少し改行を多く取るので、もう一度読み返して考えてみて下さい。







  続きを読む

2018年05月14日

奉納演奏

奉納演奏 という言葉を聞いたことがあると思います。
神社やお寺の境内で音楽などを奏でる行事が行われると、大抵「奉納演奏」と書かれていたりします。

でも、神社仏閣の境内で演奏することが「奉納演奏」ではありません。
つい先日、そんな話を ”神職ではない方” としておりましたので、ちょっと記しておきたいと思います。

お話したお相手は、とある会社の代表者。
神社が大好きでいろんな神社にお参りに行かれたりするそうですが、時々奉納演奏ではない奉納演奏を目にすると言います。
この時点で何を仰っしゃりたいのか概ね想像はつきましたが、続けてお話を伺うと、私と全く同じ考え方でした。

奉納演奏というのは、文字通り演奏を奉納することです。
「奉納」ですから、その対象は神社であれば神様、お寺であれば仏様な訳です。
ところが「奉納演奏」と称しながら、神社の本殿や、お寺の本堂を背にして、集まった人たちに対して演奏している写真をしばしば目にします。
これは 「奉納演奏」 ではありません。

ちょっと想像してみて下さい。
あなたがコンサートやライブに行くとします。会場につくと、あなたの席は演奏者の後ろでした。
つまり演奏者の背中は見えるけど、顔は見えない場所があなたのお席です。
普通そういう席はないと思いますが、極稀に会場の都合でそういうお席が提供される場合もありますね。
でも、それがVIP席だったらどうでしょうか?
すくなくともVIP席を準備しましたと言われて、そのアーティストの顔も見ることが出来ない、舞台の後方の席です。
勿論、舞台正面には席があります。

本殿や本堂を背にした舞台での演奏は、つまりは神様や仏様は今記した、舞台背面の席で聞くことになるわけです。
しかし「奉納演奏」ですから神様仏様がVIP・・・。

これは、演奏する側も気づかなくてはならないのですが、やはりそれ以上にその神社の神職や、そのお寺の僧侶がもっと気づかなくてはなりませんし、注意しなくてはならないと思います。

伊太祁曽神社の場合、奉納演奏をしたいとお申し出がありましたら、その旨をちゃんと理解してもらいます。
つまり 「神様に対して演奏したいのか、それともこの場所で多くの人たちに聞いてもらいたいのか」 ここを明確にしてもらいます。
神様に聞いていただきたいという趣旨でしたら、当日はまず正式参拝をしていただき、引き続いて神前にて神様に相対して演奏して頂きます。
折角の機会ですので、演奏を聞きたいという方もいると思いますので、その方々には奏者の左右にお席を設ける場合はあります。

また、それなりに大規模で取り組む場合には奉納舞台での演奏をお願いしています。
勿論奉納舞台ですから、舞台正面は本殿を向いています。
但し、それなり本殿まで距離がありますから、舞台の前に人間の観客席を設けることは可能です。
神様の方を向きながら、多くの方にも聞いていただくことができる設営の 「奉納演奏」 も可能です。

そして、単に神社という空間を使って演奏を行いたいという趣旨の場合、その目的や内容によっては許可する場合があります。
但し、演奏場所として拝殿前はお断りをしています。いわゆる外苑部分などでの取り組みをお願いしています。