2017年09月28日

日本をリセット??

政治ネタの連続投稿でスミマセン。
もっともこのブログは神社とは直接関係ないけれど、間接的には関係がありそうなことを、私が思うがままに書き記すためのブログなのですが・・・。

さて、衆議院が解散されましたが、その解散を前に、小池都知事が新党を立ち上げました。
( 「しんとう」と入力するとまず「神道」がでてくるのが私のPC・・・苦笑)

この小池新党に対するマスコミの注目度は大きく、既に大きな話題となっており、おそらく今回の選挙戦では 希望の党 の獲得議席がマスコミの大いに注目するところとなるでしょうし、そこに焦点をあてて選挙報道もなされると思います。
しかし、本当に日本の未来を考える方々には、ここから先の文章を読んで、希望の党に票を投じるのが是か否か、よく考えてほしいのです。

その新党「希望の党」にはやくも注目が集まり、どうやら難破寸前(既に難破していたという声はとりあえず置いといて)だった民進党前原丸は、乗組員(党員)の救済処置として「希望の党」からの出馬を認めるという発言をしたようですね。

民進党からの出馬でとうなるのか先行き不安だった候補者の方々にとっては、文字通り「希望の党」になったかもしれませんが、早々と民進党からの離党を決め、「希望を持って」小池新党の扉を叩いた人たちにとっては果たして「希望の党」と言えるのでしょうか。

とまぁ、冗談めいた話はさておき、この 希望の党 の結成には気をつけておかなくてはならないところがあると、私は感じています。


私がいろいろな政治家さんの意見を拝見拝聴する際に最も氣にしているのは、「この人は一体自分の生活するこの日本という国をどのように考えているのだろうか」という点です。
極端に言うと、どれだけその人が唱える施策政策が優れていて納得できうるものであっても、この1点がどうしても納得出来ない場合は、私はその人を心から信用することはできません。
逆に、どれだけ施策政策行動に疑問を感じようとも、この1点がしっかりと合致し、そしてゆらぎ無いと見える方であれば、出来る限り応援したいと考えます。


この私にとってキーとなる1点において、新党結党記者会見の中で、小池代表は信じられない発言をしました。

ニュースなどでも取り上げられていますが
「しがらみのない政治、大胆な改革を築く。日本をリセットするために希望の党を立ち上げる」
と宣言したそうですね。
これは私にとっては全く持ってアウトな発言です。

「日本をリセットする」
この言葉はどういう意味なのでしょうか?

かつて坂本龍馬は 「日本を今一度せんたくいたし申候事」 と、姉 乙女 に宛てた手紙で書いています。
雰囲気的にはこの坂本龍馬の言葉に似ていますが、言っている内容は全く違うと解釈できます。

洗濯とリセットでは全くことなります。
リセットとは全てを元に戻して最初からやり直すことを言います。
洗濯は違いますよね。洗濯してもその服は新品のようにはなりません。


日本をリセットする

なんとなく、日本が再出発するようで、キャッチーな感じはします。
でも、これ解釈によってはとんでもないことです。

日本が初期状態に戻るとはどういうことなんでしょう?
そもそも日本はいつから始まっているのでしょうか?

一般に、神武天皇の御即位から日本の国は始まったと考えられます。
現在、国民の祝日である 2月11日の建国記念の日も、その背景には戦前の紀元節があり、紀元節は神武天皇の御即位に由来する日です。

さて、その日本をリセットするとはどういうことなんでしょうか?
これまでの2700年近い歴史を無にして再出発するという意味にもとれます。
「小池代表の中ではそこまで考えてはいない」 という反論も出てきそうですが、しかし我が国の政党の代表者がそんな見識では困ります。
蓮舫氏が民進党党首だったときにも、あちらこちらでお話したり書き記したりしましたが、政党党首(代表)たる者、もし与党となれば首班指名を受ける訳です。つまり我が国の舵取りをする立場になるわけです。そういう立ち位置にあるということを自覚すべきだと思います。
小池都知事が、ただの都知事であったり、一国会議員であればそこまでは言いません。
まぁ見識の甘い人だなぁくらいで見逃します。
しかし、政党代表者となると看過できません。

しかも、昨夏には天皇陛下から、ご自身の身の振り方にについて御発言がなされた状況です。
政府は御発言を鑑み、平成30年を目安に御代替わりを進めています。
天皇の御代替わり、それも近代日本になって初の譲位が行われようとするこのタイミングに 「日本をリセット」 という発言は、ひとつ間違えば亡国発言とも取られかねない暴言です。

いやいや、そんな解釈は右翼的解釈だと仰る向きもあるかもしれませんが、やはり政治家として、そして(理論上条件が揃えば)首班指名を受ける可能性のある立場になる人間としては、やはり不見識だと思うのです。
少なくとも、私はそのような見識の人に、日本の舵取りはおまかせできないと思うのです。

  続きを読む

2017年09月28日

大義なき選挙?

衆議院が解散されました。
マスメディアでは「大義なき解散」などというフレーズが既に流れていますが、そもそも衆議院の解散に大義は必要なのでしょうか?
そしてもし必要だとして、今回の解散には本当に大義はないのでしょうか?

衆院の解散って…そもそも何? 1回600億円の「ビッグイベント」 475人の衆院議員を「一気にクビ」


上記リンク先では「再来年10月に予定している消費税10%への引き上げ」や「森友学園・加計学園に関連する疑惑隠し」などが「大義」として掲げています。
衆議院の解散権は内閣が持っていますが、衆議院の解散は同時に多くの閣僚自身も失職する(参議院から入閣している議員や、国会議員ですら無い閣僚は関係ない)ため、そう簡単に切れるカードではなく、そもそも解散に際して 「大義」 が必要であるといった規則もありません。

首相の「解散権」これでいいの? 実は憲法に明記なし


上記リンクでは、首相の持つ解散権自体に疑問を投げかけ、しかも 「なぜいまなのか。」 と解散の理由(=大義という理解で良いのかと)もよくわからないと続けます。


ところで、 「消費前増税」 についてはまだ実施は随分と先ですし、そもそも消費税10%への増税の是非については前回の衆議院選挙の争点だったように記憶しています。
結局のところ与党が勝ち増税の民意を汲み取ったが、その後の情勢により引き上げ時期を延期しているのが現状ではなかったでしょうか。
その意味では、今回の選挙における争点として 「消費税」 を挙げるのは少しおかしくないでしょうか?

では 「森友・加計両学園問題」 についてですが、これについては国会において首相の答弁等はありましたが、少なくとも選挙の争点として、つまるところ 「いわゆるミソギ選挙」 という意味合いは、少なくとも首相にも与党にもないだろうと想像します。

したがって、上記2つに関しては、「マスメディア自らが考え出した 安倍首相の解散大義」でしかありません。


むしろ、安倍首相は以前より、そして直近でも特に 憲法改正と国家安全保障について強く主張しており、憲法第9条への自衛隊明記という 「加憲」 という手法による憲法改正を具体的に表明しています。
文面についてはまだ発表はされていませんが、とにかく憲法上と実態に齟齬が生じている 「自衛隊」 の存在について、ちゃんと整合性が取れるようにしようというこを表明しているわけです。

とすれば、この点についても今回の衆議院解散による国民の判断を問う 「大義」 の1つとして捉えても良いはずなのに、残念ながらそういう報道はほとんど見受けられません。



衆議院の解散が実行され、いよいよ本格的に選挙戦となりましたが、マスメディアの報道だけに流されずに、自らも情報収集と判断して選挙に臨みたいと思います。


*尚、例によってリンクを張った2つの記事に関しては、削除対策としてこの下の部分にコピペをしております。  続きを読む


2017年06月26日

漢字ドリル

うんこ漢字ドリル先日上京した際、電車内の吊り広告に 「大ヒット漢字ドリル」 がありました。

・これまでの漢字ドリルとは異なる画期的な内容
・小学生が夢中になって取り組むドリル

などの謳い文句が記されていたと記憶しています。

ピンときた人もいるかもしれません。
そうです、「うんこ漢字ドリル」 です。

この広告を見た際に、軽い不快感を感じると同時に、まぁでも小学生にはウケるのかも・・・。と思いました。
親の立場からするとあまりオススメしたくないドリルながら、しかしこれで子供が一生懸命漢字の書き取りをするなら・・・という考えも頭をよぎります。
私がその立場ならば悩ましい選択です。

 # ある意味、就業中のノンアルコールビールは可か不可かという課題に近いかも。
 # ちなみに私は不可派ですが(笑

そんな 「うんこ漢字ドリル」 をはっきりと 「良くない」 と否定している文章を見つけました。
なるほど、学習の視点から見ても理にかなっていると思います。
という訳で、「うんこ漢字ドリル」 の導入を迷っている親御さんのために、要所抜粋で転載します。

該当記事はこちら。リンク先が生きているうちは、こちらを御覧頂いたほうが良いと思います。
http://president.jp/articles/-/22363

いつもならば、削除防止用に全文転載をするのですが、分量が多いので要所のみを以下に記してゆきます。



  続きを読む


2017年06月21日

臨時国会の招集

野党が臨時国会の招集を要求するようです。
民進党、臨時国会召集を求める方針

TBS系(JNN) 6/21(水) 4:37配信

 加計学園の獣医学部新設の問題をめぐり、文科省で新たな文書が見つかるなど疑惑が深まったとして、民進党は臨時国会の召集を政府・与党に求める方針を決めました。
 「萩生田官房副長官が加計問題に関与していたことを示すかのような文書が明らかになった。総理は昨日(19日)の会見で、指摘があれば、その都度、真摯に説明責任を果たしていくと言ってくださいました。是非、果たしていただきたい」(民進党 蓮舫 代表、20日)
 民進党など野党4党は安倍総理も出席した予算委員会の集中審議を開くよう自民党に申し入れましたが、自民党の竹下国対委員長は「局面が変わっていない」などとして拒否しました。
 「国会法に基づいた臨時国会の開会要求も、選択肢の一つとして入ってくるのではないか」(民進党 山井和則 国対委員長、20日)
 このため民進党は共産党など他の野党にも呼びかけ、22日にも政府・与党に対して臨時国会の召集を要求する方針を決めました。(21日03:40)
最終更新:6/21(水) 10:04

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170621-00000024-jnn-pol
加計学園の問題については、問題とされる文章がかなり出処不審に思うので、この招集は果たしてどうなのかと思うのですが・・・。
この臨時国会招集について、竹田恒泰氏は次のような批判コメントを記していました。

民進党は臨時国会の召集を「要求」するらしい。形式的とはいえ、国会を召集するのは天皇陛下なのであるから(憲法第7条)、陛下に「要求」とは、言葉が過ぎる。
加計 民進が臨時国会要求へ - Y!ニュース #Yahooニュースアプリ
https://www.facebook.com/takedatsuneyasu?hc_ref=NEWSFEED&fref=nf
確かに日本国憲法第7条の天皇の国事行為(正しくは国事に関する行為)の2番めに
国会を招集すること
とあります。

しかし同時に日本国憲法第53条には次のように記されています。
内閣は、国会の臨時会の招集を決定することができる。いずれかの議員の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その招集を決定しなければならない。
竹田氏は憲法学者ですが、主として日本国憲法第1章についての研究を行っていると聞いたことがあります。
第1章だけを見ていれば確かにご批判ごもっともに聞こえます。
しかしこれは与党支持、野党批判という感情に強く動かされた意見ではないでしょうか。

実際の所、野党がどういう意識でいるのかわかりませんが、おそらく国会招集要求を天皇陛下に対して行っているわけではないでしょう。
普通に条文を読めば
 「野党は内閣に対して国会の招集を要求している」 
訳であり、手続き的には
1,内閣が野党からの国会招集要求を受け
2,その議員数が1/4以上であれば憲法の規定により招集を決定しなくてはならず
3,内閣が国会の招集を決定して、陛下の名のもとに国会を招集する
ということでしょうか。

確かに野党の現政権批判は常軌を逸していると思うこともありますが、ここは冷静に条文理解をする必要があります。
そうでないと、感情的批判に対する感情的反論になってしまうと思うのです。
  


2017年06月13日

皇后陛下

昨日は 「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」 から天皇陛下が譲位なされた後の、現在の皇后陛下の尊称について思うところを記しました。

で、ふと思ったのです。
皇后陛下に対する表現もおかしいなと。
いや、現在のマスメディアの皇室報道において、多くのメディアが正しく尊称を用いて表現できていないので、皇后陛下に対する表現だけがおかしい訳ではないのですが・・・。

マスメディアはしばしば 「美智子皇后」 などという表現をします。
この表現は日本語としては全く正しくないのですが 「皇室に親しみを持ってもらえる」「皇室と国民の距離が近くなる」 などの理由付けをして好んで使っているようです。

ところで先帝陛下、すなわち昭和天皇の御代ではどうだったのだろうかと。
昭和の時代、皇后陛下は「皇后陛下」「皇后さま」という表現だけだったように思います。
昭和天皇の后(きさいのみや)は、久邇宮邦彦王(くにのみやくによしおう)の第1女子の良子女王(ながこじょうおう)。
現代の 「美智子皇后」 という表記に倣うなら 「良子皇后」 ということになるのでしょうが、そんな表現を見たことがありません。

最も、現在の皇后陛下は、日清製粉の勤務されていた正田英三郎氏の長女、正田美智子様。
皇族や華族以外から初めて皇太子妃になられた方です。
そういう点から ”親しみを込めて” とか理由付けをして 「美智子皇后」 という表現が生まれたと聞いたことがあります。

そもそも、天皇陛下も皇后陛下も当代御一人な訳ですから 「◯◯天皇」 とか 「◯◯皇后」 と 「◯◯」 をつけて区分する必要がありません。
崩御された後、追号が奉られてはじめて 「◯◯天皇」 や 「◯◯皇后」 となられる訳です。

さて、先程、昭和天皇の時のことを記しましたが、良子女王が皇太子妃となられ、その後皇后陛下となられます。
昭和天皇が崩御されると、今上陛下が即位をされ、先帝の皇后は皇太后となられます。
そして皇太后陛下が崩御されると 「香淳皇后」 と追号されました。
ここで注目しておきたいのは 「良子皇后」 と追号された訳ではないということです。

現在の皇后陛下は、今上陛下の譲位によって 「上皇后(じょうこうごう)」 とお呼びすることに決まりました。
上皇后陛下もいずれは寿命が来て崩御せられることとなるわけですが、その後に 「美智子皇后」 と追号されるかどうかはわかりません。
ひょっとすると 「”美智子皇后” として親しまれてきたから」 などという理由で、そのように追号されないとも限りませんが、個人的には全く望ましくない追号だと思います。

適切な追号が奉られる、また 「美智子皇后」 と追号される、いずれの場合でも、これは崩御された後のことですから、「◯◯皇后」とお呼びするのは大変失礼なことなのではないでしょうか・・・。